英語・数学が得意教科になる!

お問い合わせはこちらから087-899-6778

受付時間:10:00~21:30

お問い合わせはこちらから

メール

英語教育

 英語教育は大きく変わりました!!

  • 2020年度、センター入試が廃止され、共通テストになりました。
    『読む』 『書く』 『聞く』試験に『話す』が加わり。4技能が必要になります。

現在5、6年生で行われている外国語活動を3、4年生で行い、5、6年生は中学英語が前倒しになります。英語が教科化され成績がつくようになります。中学校の英語の授業は英語だけで行うことが基本となります。高校では言語活動(発表・討論・交渉等)が高度になります。英語はどんどん難しくなったので、しっかり対策をしなければなりません。

 

英語4技能クラス ※英検対応 (小学1年生~社会人)

これからの英語教育には「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能が必要とされます。
言語学習の中で最も重要なことは語彙力を増やすことです。毎週50~100個の単語を日本語を聞いて0.3秒で英語に直せるようにします。また、リスニングは週に数時間の授業だけでは聞けるようにはなりません。そこで、毎日家でオーバーラッピングをしてもらい、リスニング力の強化をします。
英検の級や英語レベルによって、クラスを分けます。
英検対策講座もあります。

 

中学準備英語(5・6年生対象)

 

中学校卒業時に中学校3年間で習う英語(英検3級程度)を習得している子どもはたったの2割です。そのくらい英語は難しい教科です。

 

新しい学習指導要領に基づく学校教育が2021年度(令和3年度)に始まりました。

例えば、入学して1ヶ月で行われる中間テストでは200単語を覚えないといけません。

文法も昨年までは1学期の期末テストでしていたことが中間テストの範囲になっています。

そこでSun Assistでは小学校6年生から中学英語を始めて、中学入学までに英検5級(中学卒業程度)、高校入試までに英検準2級(高校中級程度)、大学入試までに英検準1級(大学中級程度)を目指し、英語を得意教科にしましょう。

 

英語は中学校に入学してから始めたのでは苦手教科になってしまいます。

英語は高校入試、大学入試、社会に出てからも必要になります。得意教科にしましょう!!

ページ上部へ戻る